トップページ シャンパーニュ紹介 情熱 タルランへ訪問 タルランのエスプリ

サガ

 

かつての葡萄、ヴァンダンジュが与えてくれた・・・キュヴェ・サガ

それらを通じ、語るタルランの人々たち。真の姿をさらけ出すマルヌ渓谷の丘。年から年へと、サガが織り成す瞑想的で儚い、不思議めいていて胸高鳴る、汎神論的でシュールな物語の背景・・・。

時間の間に吊るされ、大地の溌剌さに根付き、数少ない貴重なガラスの瓶が華麗に開花した香りをさらけ出します。

 

   年代にカーソルを合わせるとその年の特徴が現れます。

1976 : 葡萄は苦しむことなく活動的であり、8月頭からの色づきはとても早くヴァカンスに出ていた多くの栽培者に驚きを与えすぐにヴァンダンジュの準備に取り掛からなければならなかった。これは極端に早く開花からヴァンダンジュまで立ったの84日でしかなく、この様な現象は夏の昼、夜共にとても暑く乾燥した年にのみありうること。葡萄は全体的にアルコール度数の高いとても成熟したものとなった。葡萄はとても健康で酸は少なく。ワインはしっかりしていてアルコール感がありしなやか。

参考文献;Un siècle de vendanges en Champagne, Editions D. Fradet

1995
1994
1992
1990
1989
1988
1986
1976

 

 



次のページへ

タルラン

タルランのシャンパーニュキュヴェ  ルイ新しいテロワールミレジメスタンダードキュヴェ
テロワールの個性ワイン造り1687年から現世代
訪問ワイン探険タルランへの行き方コンタクト
Tarlant 3.0 Onlineビデオとブログ写真集取り扱いインポーター掲載雑誌掲載ブログ