トップページ シャンパーニュ紹介 情熱 タルランへ訪問 タルランのエスプリ
ウイィ

現世代

3世代にわたるノウハウ

Jean-Mary Tarlant

アヴィーズで資格を得たジャン-マリーは葡萄とシャンパーニュにとても情熱的なヴィニュロン。まず’’土’’の人であり、ブドウ畑に気を配り’’偉大なワインは偉大な葡萄から’’を信条に常に最新の注意を払っている。かれは自身のブドウ栽培における素晴らしい経験により土地、葡萄を第一とする技術をコントロールし適応している。シャンパーニュ  タルランの特徴は彼のワインへの謙虚さと理解を繁栄している。

 

Benoît Tarlant

家に戻る前、ブノワはOIV(ワインインターナショナルオフィス)での勉強の際、世界中のワイン産地を歩き回る。柔軟で、教養あるブドウ栽培のノウハウの伝達者である貴重な遺産の後継者、彼の醸造がシャンパーニュへの要求、情熱、そして貪欲な冒険心を反映する。彼の自由な醸造法によって超越された自然、テロワールそして果実、ワインにも十人十色。彼の経験と大胆さがタルランのアイデンティティに新しい布石をもたらす。

 

Georges Tarlant Jean-Mary Tarlant Micheline Tarlant Benoît Tarlant Mélanie Tarlant

伝わる伝統

100歳を迎えたジョルジュは葡萄の変遷からヴァンダンジュまでの彼の感じることを家族でのアッソンブラージュで伝えます。

ジャン-マリーはプロの精神をもって葡萄とワインに関する決定を管理します。意欲、努力そして情熱をもってフランスから海外まで最も良いシャンパーニュの一つとしてシャンパーニュ  タルランの地位を築きあげています。彼の経験は環境の遵守と保護に関するリーダー的な存在として受けいれられることを可能にしています。

 

彼の妻、ミシュリーヌは訪問者を畑、カーヴに案内し、コメント付のテイスティングではシャンパーニュ タルランの情熱を語ってくれます。シャンパーニュのライフアートを発見したい友達や沢山の国のお客様へのコンタクト役です。


 

ブノワは12代目としてメゾンで働き始めました。海外への新しい市場の発展そして醸造に携わります。



 

メラニーはシャンパーニュ タルランのコミュニケーションへ力を注ぎます。
 
 


次のページへ

タルラン

タルランのシャンパーニュキュヴェ  ルイ新しいテロワールミレジメスタンダードキュヴェ
テロワールの個性ワイン造り1687年から現世代
訪問ワイン探険タルランへの行き方コンタクト
Tarlant 3.0 Online写真集取り扱いインポーター掲載雑誌掲載ブログ