トップページ シャンパーニュ紹介 情熱 タルランへ訪問 タルランのエスプリ
 - Oeuilly

ワイン造り

自然で無理の無い技術

葡萄圧搾(プレス)

昔から葡萄は家族によって伝統的なやり方で行われます。今日、葡萄のプレスは収穫後できる限り直ぐ行い各パーセルの特徴をそのままの形で表現することを可能にしています。上質の果汁を得るために健全な葡萄そして無理の無い優しいプレスに最新の注意を払います。

プレス機; 最新式プレス機;2機

設備; "qualitatif champagne"承認

プレス; パーセル、テロワール毎

果汁の搬送; 自然の重力

摘出方法;葡萄に無理を掛けない厳しい分別。


 

パーセルごとの発酵によるワインの目覚め

細かい醸造、各々の樹が各々の個性を持っています。テロワールの個性は樽での発酵でよりよく表現されます。樽醸造への自問、試行、適応はシャンパーニュのワインへの数あるアイデアのひとつです。ミクロ・ヴィニフィカシオンによるワインと樹の間での作用、これこそがはっきりとしたアロマを備えた並外れたワインを与えます。

パーセル毎の醸造

一時発酵は新樽、 古樽そして温度管理可小ステンレスキューブで行われます。

貯蔵庫; ウイヤージュ(補酒)、冬季バトナージュ(澱攪拌)

カーヴ; 自然による清澄

ヴァン・ド・レゼルヴ; 樽熟成


 

ワイン作り

Blending

私たちはその年に収穫された葡萄を反映するワイン造りを心掛けています。テイスティングは感覚的にとても異なり、力強さに富んでいます。異なった世代が一緒になって培ってきた経験、喜び、ひらめきを持ってシャンパーニュのワインを造り続けます。

春; 新たにワインが開く時期

非発泡ワイン; モザイク状に点在する各ブドウ畑の個性を表現する偉大なアロマと風味

テイスティング; 4世代に渡るタルラン一家がアッソンブラージュを創り上げます。


 

シャンパーニュの熟成

シャンパーニュの熟成

手作業により、ボトルは横に積み上げられ、澱と共にワインが少しずつシャンパーニュと変化します。 数年かかる瓶内熟成は必須です。この熟成がワインの複雑さを高め、アロマに奥行きを与えます。

カーブ; 理想的な温度を保つ地下カーヴ

栓; 王冠もしくはコルク栓(選ばれたキュべに)

熟成期間; 平均5年

ルミュアージュ(動瓶); ピュピートルもしくはジロパレット


 


 

自然なドザージュ

ナテュラル、率直、真正のワインへの私たちの希望は「ドザージュなし」、もしくは最小限に留まります。私たちの葡萄の樹の起源から、それまでの細かい作業全体がワインを通して明確化します。常に注意をし、極端な厳しさを要し、自然の活力がシャンパーニュのワインの多様性と率直さをもたらすための風味の源となります。

デゴルジュマン; 伝統的

ドザージュ; ほとんどのキュヴェでドザージュなし。もしくは0から6g/L


 


次のページへ

タルラン

タルランのシャンパーニュキュヴェ  ルイ新しいテロワールミレジメスタンダードキュヴェ
テロワールの個性ワイン造り1687年から現世代
訪問ワイン探険タルランへの行き方コンタクト
Tarlant 3.0 Onlineビデオとブログ写真集取り扱いインポーター掲載雑誌掲載ブログ