トップページ シャンパーニュ紹介 情熱 タルランへ訪問 タルランのエスプリ
シャンパーニュ タルラン

Rosé

ロゼ・ブリュット

ロゼ・ブリュット; バラの美しいローブ、かすかに香る果実の香り。果実のデザートと相性がいい。

収穫年 2009/2008年。 

品種  50% シャルドネ, 44% ピノ・ノワール, 6% ピノ・ムニエ

区画  石灰、砂、チョーク、スパルナシアン

醸造法  温度管理可キューヴと樽内での一次発酵、その年のワインをベースに樽熟成リザーヴワインとアッサンブラージュ

瓶詰め  2010年5月

澱抜き  手作業。日付裏ラベル掲載

ドザージュ  5 g/L

外観  バラの花びらのようなピンク、煌く泡。

香  赤い果実とスパイスのアロマが広がる生き生きとした香り。

味  赤果実、イチジク、プルーンなどのすばらしく気品のある味わい。

マリアージュ 家禽類(鴨、雉)や赤果実のデザート。

掲載雑誌
Jancis Robinson : "distinctive style of rosé champagne"

 

タルラン
ロゼ・ブリュット

PDFDownload PDF

タルランのシャンパーニュキュヴェ  ルイ新しいテロワールミレジメスタンダードキュヴェ
テロワールの個性ワイン造り1687年から現世代
訪問ワイン探険タルランへの行き方コンタクト
Tarlant 3.0 Onlineビデオとブログ写真集取り扱いインポーター掲載雑誌掲載ブログ